今、自分が変わりたいって思ってる人は絶対やった方がいい

レディ2

30代・女性・既婚・管理職

「変化」というと不安を感じるけど自分の変化をすごく楽しめる!
自分の認めたくない部分?や嫌な部分に目を向ける勇気が持てる!
(ひとりだと見て見ぬふりしちゃうよね・・・)
しかもそこに目を向けるのが怖くなくなっていって『新たな自分』って楽しみながら、自分の変化を実感して楽しんでいける!
(見てなかったとこに新たな発見を感じてる!!)
今、自分が変わりたいって思ってる人は絶対やった方がいい!
自分らしさが見えてくるとか、漠然とした不安が晴れて、問題がすぐに解決するわけじゃないんだけど
晴れ晴れとした、すっきりとした日々を過ごせる、モヤモヤな日が圧倒的に少なくなる。
不思議なんだけど、楽しみながら問題をクリアしていける!
失敗しても落ち込まないで、なぜか向上心が徐々に勝ってくる!
自分の在り方と同じくらい、自分の認めたくない部分、嫌な部分というマイナスに目を向けられて、でも実はマイナスなんかじゃなかったと知れて、それさえ変化させていける!
そしてカオルさんにはこの力がすごくある!だから安心してマイナスにも目を向けられる!
他人の考え方に左右されない安定した自分の時間を過ごせるようになるんだよね~!
ライフコーチ受ける素晴しさが伝わると嬉しいです!

自分に素直になった

レディ3

20代・女性・美容関係

【コーチング前の私】
落ち込みやすかった。行動していなかった。自分ばっかり待遇が悪いと思っていた!人のせいにしていた!ずっとイライラしていた!やるべきことが分からなくて迷子になっていた!
【コーチング後の私】
自分の感情を言語化しようとする癖がついた!自分ごととして物事を考えるようになった!イライラが少なくなった!行動するようになった!自分に素直になった!
【久住カオルはどう?】
カオルさんと話しているとなんだかワクワクしました^ ^
共感もしてくれるし、その上で私でも変われるかもと思わせてくれて。
もっとみんなコーチング受ければいいのにな~と思うけど、どう伝えればいいのかわからないから
コーチングというものをカオルさんの言葉でわかりやすくまとめてくれたら紹介しやすいなと思いました。

自分を好きになれて嬉しかった

lady-psd

30代・女性・既婚・個人事業主

コーチングを受ける前はネガティブで自分をずっと否定し続けていましたが、自分がそのままの自分でいていいんだと思えて、自分を好きになることができました。自分がダメだと思っていた部分が実は強みで、レベルが高いものを追い続けていてしまっていたことに気づけることで、自分を受け入れることができました。
自分がどうしたいのか、本当に目指したい自分に気づかせてくれてありがとう!

色々な気づきを得ました

レディ

20代・女性・会社員

カオルさん、先日は貴重なお時間の中セッションをしてくださり、本当にありがとうございました。カオルさんとお話しをしたことで、色々な気づきを得た時間でした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これから実際に行動していくことに意味がありますよね。昨日の自分に負けないよう、毎日を楽しみたいと思っています。

物事を見る視点に新しい角度を発見させてくれる

男性3

6ヶ月継続セッション 20代・男性・会社員
【きっかけ】
カオルさんとの出会いは「箕輪厚介講演会」でした。箕輪さんと対談しているカオルさんの話を聞きながら「ライフコーチって何だ?」と興味が湧き、ブログなどを見て実際に話を聞いてみたいと思って連絡を取らせていただきました。その後体験セッションに参加し、個人セッションを受けようと思い6ヶ月セッション始めました。
自分の中のモヤモヤした気持ちやうまく説明できないけど心の中にある感情があって、それを言葉に出来たらいいなと思いつつ、なかなかうまく出来ないなと思っていました。
自分と向き合うことで何か道が開けるんじゃないかと思いと、ライフコーチのセッション、カオルさんの人柄にも魅力を感じて、セッションを受けてみようと思いました。
【コーチングってどういうものだった?】
今回のテーマ:言葉にする
「今日はどんなことについて話したいですか?」「これが終わったらどんな気持ちになっていたいですか?」とセッションが始まる。
自分から動いたり考えたり、疑問に思ったり、気付いたことが自分の中にあってこれについてセッションをする。なので日々感性センサーがONのなっている状態でした。
時にはテーマが思いつかない日もある。でもそんな時もその瞬間に何を感じたかなど話をしていくにつれて、自分の中にあった気付かなかった言葉に出会ったりもする。
そして気づいたこと日々思うことをさらにカオルさんに話す。
毎回ちょっとずつ自分のことを自分の言葉で話すことができるようになっていった気がする。
セッション以外でも自分に問いかけをするようになりました。
自分の頭の中にあるものを、考えているものを口に出してみる。
なかなか言葉にできないことが多かったけど、カオルさんはゆっくり待ってくれる。
言葉が出ない時でも無理に言葉にするのを急がすような事はなくてすごく嬉しかった。
それでも絶妙なタイミングで、つっかえていたものが取れるような、絡まっていたものが解れるような、言葉をかけてくれる。
その言葉をきっかけに、ポロポロ言葉が出てくる。
「自分はこんなこと考えていたのか」と、腑に落ちる言葉が出てくる。その感覚が嬉しくて、自分の中にあったはずなのに新しい言葉、新しい捉え方を手にいれた感覚だった。
【定期的なセッション】
向き合う時間、月2回セッション。同じテーマやそれに付随する事を何回か話をすることもあったが、不思議なことにセッションとセッションの間の、2週間でいろいろ起きる。いろんなことが起きてそれをテーマに話をしたくなる。普段見れていなかったこと、気付けなかったことに意識がいくようになったのかな。
自分なりに次のセッションまでに何か行動したり、気付きを持っていこうというマインドになる。
「次のセッションまでに何かやりたい」「何か行動をしてみたい」と自分から動くようになりました。本を読んだり、勉強会に行ってみたり、交流の場に行ってみたり、マラソンをしてみたり。または普段の日常の習慣を見直してみるとか。
何かしら新しいことをしてみたり、悪い習慣をやめてみたりして、セッションで何を感じたかを話をする。
次のセッションが自分の中で一つのチェックポイントになっていて、「セッションあるからその日までは頑張ろう!」その日に向けて自分を高めたり、自分と向き合うことができたと感じています。
今ここに集中!
6ヶ月セッションを受けてみた感想を書いてみてくださいとお話をいただき、ノートを見返したり、思い出してみたり、自分が今どう感じているか?何をしたいの?どうありたいの?と問いかけていました。
そんなふうに自分に問いかけをすると頭の中のカオルさんが言うのです。「えーそれどういうこと?」と脳内セッションが始まる感じがして面白い。
悩んだ時や都合の悪い出来事が目の前にやってきた時、苦しい時、嫌なことがあった時など、「今どんなふうに感じてる?」と自分に問いかけるようになった。
こんな時カオルさんならもっと自分の中にあるものを引き出してくれたりするのかなーとか、硬い価値観の殻にヒビを入れてくれるのかなって思います。
【セッションフィーは高いと感じなかった?】
初めは正直高いと感じました。でもやり始めると高いどころか安いよなとも感じました。値段以上の価値にするもしないも自分自身だと思います。
【コーチ久住カオルはどんな人?】
人間的魅力に溢れていて、自由で行動力ある、笑顔が素敵な人。
物事を見る視点に新しい角度を発見させてくれる人。それを引き出してくれる人。
そしてどんな時も「それで良いんだよ。」応援してくれます。
旅の様子やブログ、ラジオなど。カオルさんの言葉に触れ、気付くことだったり、「今まさにこれ考えてた!」と思えるような言葉をくれます。
ライフコーチを受けてみて、日常の些細なこと、いろんなものに感謝するようになった。そして返したいなとも思った。そしてもっと与えられる人になりたいとも思った。
苦しいことや失敗もありますがそれでもOKで、それでも行動した自分をよくやったと言いたいし、減点方式ではなく加点方式の考え方を意識するようになりました。

モヤモヤを強みに変えてくれた

男性2

単発セッションご感想

カオルコーチング!抱えてたモヤモヤを強みに変えてくれたし、新しい気付きも与えてくれた。
自分の中で誰かに言って欲しかった言葉をピンポイントで言ってくれたのは、救われたし嬉しかった。
受けて良かった!ありがとう。

自分が捉われていた枠の存在に気づかせてくれた

男性3

単発セッションご感想

もう!ここ数日悩んでいたことが超明瞭に解決したし、今後プロのコーチを目指していく上で大切なことをたくさん学ばせてもらいました。カオルさんの人間性と在り方のお陰か、スラスラと自分の思いが言葉になる驚き…

カオルコーチング最高です。
・自分が無意識に感じていたコーチング の魅力に気づかせてくれた
・自分が捉われていた枠の存在に気づかせてくれた
・自分が覚悟から逃げていたことに気づかせてくれた
・今後3ヶ月の動き方に見通しが立った
これ全て、たった一度のカオルコーチングで得た気付き達です。皆も一度受けて欲しい。

カオルコーチング中に出てくる言葉が、どれもハートドリブンと通じていた。
本が出る前から、カオルさんはハートドリブンに生きていたことが理解できました。本当凄いわ、尊敬するわ。

蓋を取っ払いたい

男性

継続セッションご感想 20代・男性・会社員

頭の中はぐちゃぐちゃで、出てくる言葉もめちゃくちゃで
そんな言葉を拾ってパズルのピースにしてくれる。それでも良いじゃないかと、自分の中の言葉で着地点に導いてくれる。今は出来ることから。悩んでもがいて向き合ってパワーを貯めよう。

たくさんの価値観や人生観に触れて素敵な人にたくさん出会った濃い一週間だった。
もっともっといろんなものに触れたい。蓋を取っ払いたい。
そしてライフコーチングの世界、魅力的。カオルコーチは最強説。

思考は現実になる

継続セッションご感想 20代・男性・会社員

数ヶ月前からライフコーチのセッションを受けている。この数ヶ月はなんだか凄まじかった。
自分と向き合える機会を定期的に作れて、充実した数ヶ月を過ごしている。改めてライフコーチの本を読み直して、感じたことを書き記しておこう。
【自分にとってライフコーチとは?】
自分とってのそれは「久住カオルさん」だ。人間的魅力に溢れていて、行動力がハンパない。
その人と話すと単純に元気になる、パワースポットみたいな存在。
話した後は世界が変わる。自分の捉え方が変われば、そりゃ世界は変わるわ。
対話を通じてうちなるパワー、可能性や夢、目標、本心を引き出してくれる。
そして、自己現実に向けてサポートしてくれる。そんな存在かな。
セッション、コーチと話をすること、自分の頭の中で渦巻いている感情を言葉にする。
コーチと対話することで、言語化することで、自分の思い込みの殻の中隠れた本当の感情や考えていることに
気付くことがある。
言葉にすることで目標や夢、やりたいこと、なりたい自分像などを引き出すことをサポートしてくれる。
なかなか言葉に出来ないこともあるし、すごくモヤモヤして苦しい時もある。
セッションを繰り返すうちに、少しずつ自分が変わってきたかなって思う。
思考は現実になる。言葉の力、イメージの力、思い込みの力は本当にすごいと思う。
言葉は本当に現実になるし、言った言葉はちゃんと返ってくる。
そんなことあるわけないじゃん!って思ってる人は、そんなことないじゃんっていう現実になる。ちゃんと現実になってる。自分の言葉が現実になるなら、言葉を選びたい。言葉を自分で選べるならなるべくポジティブな言葉を選びたい。吐いた言葉通りの現実がやってくるから。
自己対話、問い掛け、自分が一番変わったなーって思うことは、自分に対しての問い掛けだ。
自分には何が出来る?どうしたい?どうなりたい?どんな感じ?それって本当にやりたいこと?本当にやりたい?本当に本当にやりたい?どう感じた?どうありたい?
みたいな感じだ。こんな感じで問い掛けるようになった。
そんなこんなしていると、目の前に扉が現れる。その扉に触れて問い掛ける。
どうありたい?思い切って開けてみて流れてきた現実が、その時の自分にとって都合の悪い出来事かもしれないけど、自分で選んだ現実。自分で開けた扉だって思うと、全てに意味があって、全てありがたいと感じることが出来る様になった。
自分との対話の中で自分の心に問い掛ける。その中で葛藤がある。
悪い面、思い込み、コンプレックス、ルーツや血など、変えられないものを知る。
それでも現実を、どうありたいか自分で選べる。大切なのは自分が今どうありたいか。大きな壁や逆境や苦悩が目の前に現れた時、ありたい自分を選べる強さを、自己対話で磨いているんだと思う。
自立とは「自分のことを自分で評価する」と言うことであり「強さ」である。
ライフコーチングで自分らしい人生を取り戻す事は、檻の中に閉じ込めてしまった自分の叫び声を聞くことであり、本当の自分を檻から解放してあげる旅でもある。
無意識の設定に気づき、本当はどうしたいのかをキャッチし、そしてそれを実現してあげることが大切。
理想の状態と成長。理想の状態とはどんな状態か?どんな自分に成長したいか。
人生において緊急ではないけれど重要なこと、自分が感じていることを、ここに意識を向けるために、自分のためにそうした状況を作る。作ると決める。それが最初の1歩になる。

わたしの頭の中すんごいスッキリした

d

単発セッション ご感想 30代女性・個人事業主

ライフコーチのセッション、オンラインで受けてみたんだけど、1時間の間で、わたしの頭の中すんごいスッキリした。
<クリアになった事>
1)自分の得意分野(メディア運営、デザイン)だけでいい
性格的に真面目な部分が働いて、何かをしようとする時、どうしても、多くを背負っちゃおうとする癖があって、結果的にそれがプレッシャーになったり、ストレスになって、モチベーションがあがらない事が多く、「とりあえず」やってみる的なノルマになりがち。
自分は、メディア運営、デザインを得意とするので、そこを全面に出して、自分の得意なスキルとして、立ち位置を確立すればいい。自分の得意とする部分は楽しんでできるんだから、そのまま突っ走ればいい。逆に苦手と感じるところは、そこを自分で頑張って引き受けてなんとかしようとせずに(そこを無理してやろうとするからストレスになる)、得意な人に任せる。
その線引きをして、自分の得意分野で勝負して行けばいい。それが、楽しく事を進められるモチベーションになる。
2)お金をもらう事を、プラスのエネルギーにすればいい
自分の得意分野で、お金を稼いでいきたいと思っていながら、どうしても「お金」を取ることにずっと抵抗がある。
それは、お金をもらう事に、ネガティブイメージ(申し訳ない、責任が増えて負担になるなど)を持っているから。
私のスキルに対して、お金を払いたいと言う人は、ありのままの私のスキルに価値を見出して払う人なので、そのまま有り難く受け取ればいい。(申し訳なく、思っているのは、自分だけ)
お金をもらう事で、責任感を感じそれを負担に思うのではなく、お金をもらった分、いいものをつくろうという前向きなモチベーションに変えられる。それが、仕事としての気持ちよさ(スッキリ)に変えられる。
お金をもらう事で、フェアな関係になれる。私には、すでにそのスキルと実力が備わっている。
3年後(43歳)で、独立か起業かなどのイメージがあったけど、セッション後は、起業のイメージがなくなった。起業は自分の不得意分野(組織を持つ事を不得意とする)なので、自分の得意分野(マイペースに動ける)フリーランス(個人事業主)として、動くイメージに変わった。
そして、それは3年後ではなく、今からできそうだなという自信に変わった。
カオルさん、ありがとう。最高のライフコーチでした。

自分の良いところをしっかり認めることが大事

レディ

単発セッションご感想 20代・女性・会社員

今日のセッションで、自分の良いところをしっかり認めることが大事なのだとわかりました。
継続的に受けたいと思っています。

個性の違いを自然と受け入れてくれるカオルさんだからこそ、自分をドンドンさらけ出せました

男性

単発セッションご感想 20代・男性・会社員・独立希望

僕自身、ライフコーチとして活動しているので、自分の生い立ちは充分に理解していると思っていました。
そんな僕がカオルさんの生い立ちセッションを受けた直後に残った感覚は「驚き」と「爽快感」です。
僕の中の相反する自分の存在(少数派を目指しつつ、安定の手堅い人生設計をしている)に気づかせてくれたり、
「どうせ理解されないと思っていた」という僕の言葉から、当時の僕の感情や、その後の僕自身の変化に触れてくれました。
個性の違いを自然と受け入れてくれるカオルさんだからこそ、自分をドンドンさらけ出せました。
そして、自分のことをさらけ出した後には、ランニングの後のような心地良い爽快感が残りました。
自分が気づかない自分と出会う驚き、ありのままの自分を出し切る爽快感を、多くの人に味わって欲しいと思います。
生い立ちを振り返りたい人、自分の個性や良さを引き出して欲しい人は、ぜひ、カオルさんの懐に飛び込んでみて下さいね。
生い立ちセッションの後に、「生い立ちセッションを受けて良かった」と口にしているはずです。
生い立ちセッションをする意味とは、自分の人生そのものを知ること。
自分の本質を知ること。今の自分、ありのままの自分を受け入れること。
自分の良さに気づくこと。とかの意味はあると思いますね!